JUDGE JUDGE
審査員

IWAMOTO HIROKI

株式会社オータパブリケイションズ 週刊ホテルレストラン 編集長 ※インタビュー当時

インタービュービデオを見る

プレゼンテーションのレベルが上がっていたのは最も評価すべき点。コンテストを継続しているからこその成果だと感じました。受賞作品のなかには、新しい路線へのチャレンジも見られ、次回の出場者にとっても良い刺激になるのではと期待しています。これからは料理こそホテルの強みになる時代。料理の能力向上へ取り組みは応援していきたいですね。

株式会社オータパブリケイションズ
週刊ホテルレストラン 編集長 ※インタビュー当時

IWAMOTO HIROKI

プレゼンテーションのレベルが上がっていたのは最も評価すべき点。コンテストを継続しているからこその成果だと感じました。受賞作品のなかには、新しい路線へのチャレンジも見られ、次回の出場者にとっても良い刺激になるのではと期待しています。これからは料理こそホテルの強みになる時代。料理の能力向上へ取り組みは応援していきたいですね。

株式会社KADOKAWA 関西ウォーカー 編集長

インタービュービデオを見る

日本にはまだまだこんなに知らない食材や食べ方があるんだなと、改めて感じることができたコンテストでした。それぞれが思い描く日本らしさが表現されていたと思います。社内コンテストは、シェフのモチベーションやスキルの向上、テクニックが共有される意義のある場。切磋琢磨して、より良い料理を作っていただけたらと思います。

SHINOHARA KENTARO

株式会社KADOKAWA
関西ウォーカー 編集長

SHINOHARA KENTARO

日本にはまだまだこんなに知らない食材や食べ方があるんだなと、改めて感じることができたコンテストでした。それぞれが思い描く日本らしさが表現されていたと思います。社内コンテストは、シェフのモチベーションやスキルの向上、テクニックが共有される意義のある場。切磋琢磨して、より良い料理を作っていただけたらと思います。

岡安譲
OKAYASU YUZURU

関西テレビ放送 株式会社 編集局 アナウンス部

アートのような見た目や秋を想起させる香りなど、「こんな日本があったんだ!」と驚かされる作品が多く、出場者の皆様の引き出しの多さに感動しました。プレゼンテーションはフレーズがコンパクトで、表現したいことが明確。アナウンサーの目線から見ても、感心するほどでした。総合的にレベルが高く、“阪急阪神の底力”を感じましたね。

関西テレビ放送 株式会社
編集局 アナウンス部

OKAYASU YUZURU

アートのような見た目や秋を想起させる香りなど、「こんな日本があったんだ!」と驚かされる作品が多く、出場者の皆様の引き出しの多さに感動しました。プレゼンテーションはフレーズがコンパクトで、表現したいことが明確。アナウンサーの目線から見ても、感心するほどでした。総合的にレベルが高く、“阪急阪神の底力”を感じましたね。

株式会社柴田書店 月刊ホテル旅館 編集長

インタービュービデオを見る

初めて審査員を務めた3年前に比べて、プレゼンテーションが格段に良くなっていると感じました。料理の特徴や伝えたいポイントがとても分かりやすかったです。また、料理名も単なる調理法と食材名を並べたものではなく、食べた時の驚きが増すこだわりのネーミングが多かったのも印象的。来年はぜひテーマの異なる作品も食べてみたいです。

KANAZAWA TATSUYA

株式会社柴田書店
月刊ホテル旅館 編集長

KANAZAWA TATSUYA

初めて審査員を務めた3年前に比べて、プレゼンテーションが格段に良くなっていると感じました。料理の特徴や伝えたいポイントがとても分かりやすかったです。また、料理名も単なる調理法と食材名を並べたものではなく、食べた時の驚きが増すこだわりのネーミングが多かったのも印象的。来年はぜひテーマの異なる作品も食べてみたいです。

東龍
TORYU

グルメジャーナリスト 一般社団法人 日本ブッフェ協会 代表理事

例年以上にクリエイティビティが高まっており、プレゼンテーションも上達していらっしゃいました。審査員の質問にも臨機応変に答えていたのは大変素晴らしかったです。どの部門にも、日本の魅力が伝わる作品が揃っていたと感じました。来年以降は、中国料理、西洋料理、日本料理の部門でも女性の優勝者が現れるのではないかと期待しています。

グルメジャーナリスト
一般社団法人 日本ブッフェ協会 代表理事

TORYU

例年以上にクリエイティビティが高まっており、プレゼンテーションも上達していらっしゃいました。審査員の質問にも臨機応変に答えていたのは大変素晴らしかったです。どの部門にも、日本の魅力が伝わる作品が揃っていたと感じました。来年以降は、中国料理、西洋料理、日本料理の部門でも女性の優勝者が現れるのではないかと期待しています。

読売新聞大阪本社 編集局 生活教育部 記者

インタービュービデオを見る

どれも創意工夫が凝らされていて、斬新なアイデアが詰め込まれた作品ばかり。和洋中のそれぞれの良さをミックスさせた料理が多かったのが印象的でした。これに、料理とお酒のマッチングの提案が加われば、料理の可能性がさらに広がるのではないでしょうか。今後、外国人観光客の集客を意識するなら、日本酒の提案方法なども課題になってくると思います。

KODAMA KEITA

読売新聞大阪本社
編集局 生活教育部 記者

KODAMA KEITA

どれも創意工夫が凝らされていて、斬新なアイデアが詰め込まれた作品ばかり。和洋中のそれぞれの良さをミックスさせた料理が多かったのが印象的でした。これに、料理とお酒のマッチングの提案が加われば、料理の可能性がさらに広がるのではないでしょうか。今後、外国人観光客の集客を意識するなら、日本酒の提案方法なども課題になってくると思います。

NAGATA YOSHIKO

株式会社リクルートライフスタイル 関西・中国・四国じゃらん 編集長

インタービュービデオを見る

味や見た目はもちろん、「実際にお店で注文するかな?」など価格のバランスも重視して審査しました。販売時期が秋なので、紅葉や秋の実りを表現したひと皿が多かったのですが、様々な解釈があっておもしろかったですね。コンテストの開催は若手のスキルアップの場としても素晴らしいと思いますし、料理のトレンド発信の場としても興味深いです。

株式会社リクルートライフスタイル
関西・中国・四国じゃらん 編集長

NAGATA YOSHIKO

味や見た目はもちろん、「実際にお店で注文するかな?」など価格のバランスも重視して審査しました。販売時期が秋なので、紅葉や秋の実りを表現したひと皿が多かったのですが、様々な解釈があっておもしろかったですね。コンテストの開催は若手のスキルアップの場としても素晴らしいと思いますし、料理のトレンド発信の場としても興味深いです。

※社名で五十音順に掲載