The history of Daiichi Hotel

第一ホテルの歩み

1938年に誕生した第一ホテルは
たくさんのお客様に愛され
80年間歩んでまいりました

1938

第一ホテルの創業

昭和初期、ホテルは外国からのお客様と一部上流階級のための迎賓館のような存在でした。そのようななか、最新設備をそなえた近代的なホテルでありながら、だれもが宿泊可能な料金設定という革新的なホテルの建設計画が持ち上がりました。そして、1938年(昭和13年)4月29日、東洋最大の客室数626室を誇り、日本初の全館冷暖房を完備した「第一ホテル」が新橋に誕生したのです。

  • 日本初の全館冷暖房完備の客室

1960

東京オリンピックなどで 国際的な役割を

戦前・戦後の混乱期を乗り越え、第一ホテルは再び多くのお客様にご利用いただけるようになり、高度経済成長期の1960年(昭和35年)には新館がオープンして客室数は1276室となりました。
また、1958年(昭和33年)のアジア大会や1964年(昭和39年)の東京オリンピックに宿泊施設を提供するなど大きく貢献し、国際的なホテルとして更に発展しました。

  • 新館オープン時の様子

新しいサービスの創造

第一ホテルでは、客室数の増加に伴ない業界初となる新しいサービスや設備を次々に導入していきました。会計のコンピュータ化やモーニングコール機の導入、世界各国の料理をバイキング形式で提供して人気となり、朝食もバイキング形式にする等、今では当たり前になっているサービスを最初に行なった先進性はお客様や専門家から高い評価をいただきました。こうしたホテル経営の実績は後に、業界初のMC方式(管理運営委託契約)によるチェーン化に繋がり、第一ホテルは全国展開へと発展していきました。

  • ホテルではまだ珍しかったパンやケーキの販売

  • 20数カ国の料理が並ぶ、業界初の世界バイキング

1993

フラッグシップホテルの誕生

1980年代以降、急速に変化し多様化していく時代のなか「第一ホテルアネックス」や「第一ホテル東京シーフォート」など首都圏をはじめ全国各地に個性豊かなホテルをオープンし、話題となりました。そして、半世紀の間、第一ホテルを支え続けた新橋第一ホテルは、“エレガント&エクセレンス”をコンセプトに華やかさと品格を備えた新たなフラッグシップホテルとして1993年(平成5年4月)「第一ホテル東京」に生まれ変わりました。

2018

これからもお客様に愛され続けるホテルをめざして

2018年第一ホテルは創業80周年を迎えます。
当時の最新型設備を整え、東京・新橋の地に誕生して以来、培われてきた古き良き時代のホスピタリティ。それは今なお、「第一ホテル東京」が受け継いでいる心です。家族はもちろん友人・知人、ビジネス、さらには諸外国との様々な絆をつなぐ時間(とき)を大切にする“おもてなしの心”。時代のニーズに合わせてしなやかに変貌を遂げています。昨年より実施していた客室のリニューアル工事も2月に完了。再び開催される2020年の東京オリンピックに向け、開業当初からのコンセプト“エレガンス&エクセレンス”に基づき、全客室及び客室フロアをリニューアルし、より洗練された上質な空間へと生まれ変わりました。また、年間で開催しているイベントも通年の約2倍に増やし、より多くの人と人とがつながる時間(とき)を提供できるよう、「第一ホテル東京」は創業当時の心を忘れずに、現在そして、未来へと進化し続けていきます。

ロゴマークについて

8と0が交わるデザインで「つなぐ」というテーマを象徴。これは創業以来80年、人と人とをつなぐ時間(とき)を大切にしてきた「第一ホテル」の心そのものです。寄り添う2つの数字は一人ひとりに即したおもてなしとしなやかな対応を目指す姿を表しています。

PageTop