Accommodation宿泊

宝塚歌劇観劇ステイプラン

ホテルに泊まって夢の舞台を楽しもう☆

宝塚大劇場のS席チケットとホテルのご宿泊(1泊朝食付)がセットになったお得なプラン。


【対象公演】
1月 6日(土) 15:00
  13日(土) 11:00  
  14日(日) 11:00
  20日(土) 11:00
  21日(日) 11:00
  27日(土) 15:00
  28日(日) 15:00

2月 3日(土)11:00

<<当プランに含まれるもの>>
ご宿泊 、 宝塚歌劇 観劇チケット 〔1名様1泊につき1枚〕、 ご朝食、 サービス料・消費税(一部、宿泊税を含みます)

◆ご予約・お問い合わせ: 06-6372-6600 (宿泊予約 9:00~18:00)
※ ご予約の受付はご宿泊日の1ヶ月前までとさせていただきます。




ご利用料金<1泊あたりの1室料金>

≪ 平日 ≫
シングル〔1名様〕:19,500円
≪ 休前日 ≫
シングル〔1名様〕:22,100円
≪ 日 曜・祝 日 ≫
シングル〔1名様〕:17,500円

【料 金】
 ≪観劇チケット・S席 8,300円≫+≪新阪急ホテルアネックス・1泊朝食付≫
 (いずれも1室料金、サービス料・消費税込。一部、宿泊税を含みます。)

 ※ 座席はS席ですが、阪急阪神第一ホテルグループメンバーズクラブ事務局が販売する座席とは異なります。予めご了承ください。
 ※日程によってはご用意できないことがございます。予めご了承ください。


宝塚大劇場【花組公演】2018年1月1日(月)~ 2月5日(月)

■主演・・・ 明日海 りお、仙名 彩世  

ミュージカル・ゴシック
『ポーの一族』

原作/萩尾 望都「ポーの一族」(小学館フラワーコミックス)
脚本・演出/小池 修一郎

[解 説]
1972年に「別冊少女コミック」に第1作目を発表以来、少女まんがの枠を超えて幅広い読者を獲得してきた、漫画史上の傑作・萩尾望都の「ポーの一族」が宝塚歌劇に登場する。
永遠に年を取らず生き永らえていくバンパネラ“ポーの一族”。その一族に加わったエドガーが、アランやメリーベルを仲間に加え、哀しみをたたえつつ時空を超えて旅を続けるゴシック・ロマン。同作品をミュージカル化したいと夢見て宝塚歌劇団に入団した小池修一郎が、1985年に「いつか劇化させて欲しい」と申し出て以来30年余り、萩尾望都があらゆる上演希望を断り続けた幻の舞台が遂に実現する。


ご朝食

ご朝食はフロント向かいにある モーニングテラス「クレール」 にて、洋食をビュッフェスタイルでご用意しております。

[ご朝食] 7:00~9:30

交通アクセス抜群のロケーション

大阪・梅田の中心。阪急電車梅田駅より徒歩約3分、JR大阪駅からは徒歩約5分と好立地。

宝塚大劇場へは、宝塚駅までJR・阪急で約30分。宝塚駅から徒歩約5分です。

また、大阪ステーションシティや大型ファッションビル「LUCUA(ルクア)」 、阪急百貨店、「グランフロント大阪」でのショッピングや街遊びの拠点として是非ご活用ください。

特典

お部屋で「タカラヅカスカイステージ」を 無料でお楽しみいただけます。