宝塚ホテル フェアウェル プロモーション

MENU

The History of Takarazuka Hotel

宝塚ホテルの歩み

宝塚ホテルの歴史

1926大正15年

宝塚ホテルの開業(現 ホテル本館)

  • 開業当時のレストラン

  • 開業当時の客室

1931昭和6年

本館大宴会場シルバー開業(現 本館ルネサンス)

1941昭和16年

宝塚ホテル独自の「宝米カレー」をグリルで販売

1945昭和20年

進駐軍に将校宿舎として全館接収

1955昭和30年

進駐軍による接収解除、ホテル営業再開

1962昭和37年

第一新館開業(現 ホテル東館)

1969昭和44年

第二新館開業(現 ホテル西館)

1983昭和58年

仏蘭西料理「プルミエ」開業

1989平成元年

新館開業
ティーラウンジ「ルネサンス」、バー「くすのき」、「デューク」開業

1991平成3年

バイキングレストラン「ザ・ガーデン」、鉄板焼「梅野」開業

1993平成5年

日本料理「曙」開業

1998平成10年

カフェレストラン「ソラレス」、ビアレストラン「ビアケラー」開業

2009平成21年

宝塚大劇場オフィシャルホテルに認定

2017平成29年

宝塚ホテル 移転計画を発表

2020令和2年

新生・宝塚ホテル 5月14日(木)移転開業

美しき館で時の流れに
想いを馳せる

欧風文化が薫る瀟洒な開業当時の宝塚ホテル。

モダンでハイブロウな社交倶楽部として。

回廊のアーチ型建築は不朽の美しさ。

赤い絨毯が敷き詰められた階段は、今もなお宝塚ホテルの象徴。

豪華なホールではダンスパーティーや披露宴が開かれた。


MENU