阪急阪神第一ホテルグループ

阪急阪神ホテルズ 内定者アンケート

内定者アンケート

Work Sheet.01学生時代に最も力を入れたことは何ですか。

学生時代に最も力を入れたことは何ですか。

Work Sheet.02就職活動において、ホテル業界は第一志望でしたか。

就職活動において、ホテル業界は第一志望でしたか。

Work Sheet.03なぜ阪急阪神ホテルズに入社を決めたのか、その理由を教えてください。

将来のキャリアプランを考えたときに、結婚や出産後も働きたいと考えていました。説明会で、キャリアプランを具体的に想像することができ、「ここなら自分の夢を叶えることができる!」と思ったからです。
ホームページにあった「ナンバーワン、オンリーワンとなることを目指します。」という言葉に魅力を感じ、私もお客さまにとっての「ナンバーワン、オンリーワン」のホテリエになりたいと思いました。
時代のニーズに沿ったホテルの形を求め変化し続け、様々なタイプのホテルを運営している点、ジョブローテーションがある点に惹かれました。多様な仕事のなかでたくさんのお客さまに関わり、挑戦をする機会も多く成長し続けていけると感じました。
働いている先輩の姿が魅力的だったから。お客様に自分なりのサービスを提供したいと考えました。
ホテルの創業にいずれ携わりたいと思っており「進化するホテル」という概念に惹かれたからです。
会社説明会の際、人事の方の緊張をほぐしてくださるお声がけや、室温に対する心配りが大変印象に残っており、ここでならお客さまに対してはもちろん、一緒に働く仲間にも素敵な心配りができる人間になれると考えたからです。

Work Sheet.04実際に働き始めたら、どんなキャリアを経験したいですか。(複数選択可)

  • 伝統と格式のあるホテルで経験を積みたい 48人
  • 新しい形態のホテルで、これまでにない価値を生み出したい 38人
  • 様々な形態のホテルを経験したい 51人
  • その他 11人

Work Sheet.05同期で集まった際に感じる、阪急阪神ホテルズ内定者の印象を教えてください。(大卒のみ)

それぞれ違う個性を持っていて、みんなが明るく、面白く、ずっと話していたくなるような温かい人が多かったです。
全員が異なった良い考えを持っており、その考えを言う人、聞く人、まとめる人、といったように、個々がバランス良く、それぞれの役割を理解し、行動していると感じました。
思いやりにあふれ、初対面とは思えない程すぐに打ち解けることができました。人を惹きつける魅力のある方々でした。
明るく優しいという印象です。また、人と接することが好きな人ばかりで、話をしていてとても楽しかったです。
一人一人が決して被ることのない個性豊かなメンバーです。また、会話が途切れることがなく、いつも明るく、笑いのある楽しい場所を提供できる仲間だと感じています。

Work Sheet.06働き始めるのは楽しみですか。また、その理由を教えてください。

働き始めるのは楽しみですか。
楽しみではない理由6
  • まったく楽しみではないというわけではありませんが、先輩方に迷惑をかけないか、ちゃんとやっていけるのかという不安の方が強いからです。
  • 新しい環境に慣れるまで時間がかかるので、とても不安です。
  • 働くということで、自分が作ったケーキをお客さまに食べてもらえる喜びもありますが、ちゃんと仕事ができるかとても不安です。

楽しみな理由110
  • 働き始めることで「自分も社会人になったのだな」と実感し、先輩方に様々なことを教えていただくことでより人間としても成長できると思ったからです。
  • 社会人として働くことで、様々な可能性が広がると期待しています。また、新しく出会う仲間たちとチームワークを築き、一人でも多くのお客様に幸せをお届けしたいと考えているからです。
  • 不安ももちろんありますが、厳しい社会に出て新しい自分に出会えることを楽しみにしています。
  • なによりも、ホテルという将来の夢であった場所で働けることが嬉しいです。今までとは全く違う環境に飛び込むことに少し不安もありますが、それ以上に仲間が増えること、新しい目標に挑戦できることが楽しみです。
  • 就職することに対して不安なこともたくさんありますが、それ以上に今は自分が入社したいと思った阪急阪神ホテルズで働ける期待の方が大きいので、楽しみという気持ちよりは「やるぞ!」という気持ちの方が強いかもしれません。
  • 自分の知らない世界がたくさんあり、働くことでしか見えないものがあると考えているからです。苦労ややりがい、感動、多くの経験をし、自分自身をさらに知っていくことでお客さまにマルチな対応ができるように頑張りたいです。

Work Sheet.07面接の際、心がけていたことや工夫していたことがあれば教えてください。

自分の考えや気持ちをしっかり持って伝えること、質問をしっかり理解して回答することなどを心掛けていました。
「良く見られたいから」と背伸びするのではなく、そのままの自分を100%伝えられるように心掛けました。そのためには深く自己分析をし、自分の良さを認めてあげることが必要だと考えていました。
笑顔を忘れないこと、上手く言いたいことが伝えられなくても、一生懸命に伝える姿勢を忘れないことを心掛けていました。
私は人見知りが激しく、声も小さく緊張で顔も強張ってしまうので、目を見て話すこと、声を張ること、ゆっくり落ち着いて話すこと、笑顔でいることを心掛けました。「面接」と意識すると余計に緊張してしまうので「面接官の人に私のことを知ってもらうために“お話しをする”」と思い込みました。
扉を開けてから大きな声で「おはようございます!」と笑顔で誰にも負けない挨拶を心掛けていました。
「人の話をきくこと」です。私以外の人がどんなことを考え、どうしてここで働きたいかなどをしっかりきくことで、私自身の成長にもつながると思ったからです。

Work Sheet.08就職活動を振り返って、「もっとこうしておけばよかった」と思うことがあれば教えてください。

しっかりと具体的な目標を立てておいた方がよかったと思いました。将来どこでどのように働きたいというのがはっきり決まっておらず、コミュニケーション能力を高めたいという大まかな目標しかなかったからです。
視野を広げるため様々な業界の企業の説明会を予約しましたが、学業との両立もあったので、目指している業界に力を入れ、無理のないスケジュール管理をすればよかったなと思いました。
もっと会社のことを調べたらよかったと思いました。会社はどんな人材を求めているのか、自分自身求められている人材なのかなどの分析は不十分だったと思います。
新聞を読んで知識をもう少しつけておけばよかったと思いました。
自分が興味のあったホテル業界は早い段階で説明会や面接があり、動き始めるのが少し遅かったかなと後悔しています。自分の興味のある業界のことはしっかり調べておくといいと思います。
実際にホテルに足を運んだ際にそのホテルの10年後の姿についてもっと具体的に考えるべきだったと思います。そのホテルの将来を考えることで、自分がそのホテルでやりたい事は何かがより明確にできたのではと感じます。
就職活動の中で、自己分析が一番大切だと気付きました。エントリーシート、グループディスカッション面接を通して、まず自分とはどのような人なのかをもっと知っておくべきでした。そうすれば、自分では知らない自分が見え、本当の自分がわかるはずです。だから今でも自己分析を行っています。

新卒採用サイトを見ている
就職活動中の学生に向けて、
阪急阪神ホテルズのアピールを
お願いします。
  • 他企業と比べて、就活生一人一人をきちんと見て良さを引き出してくれます。ありのままの自分で挑んでください!
  • お客さまからの信頼があり、お客さまがスタッフの顔と名前を覚えてくださるというお話を聞いてとても素敵な会社だと感じました。
  • 社内コンテストなど自分を高める場がたくさん用意されているので、自分次第でどこまでも成長していける職場だと思います。
  • 面接中や面接の待ち時間など、どの様な際に接した社員の方も本当に優しく温かかったです。
  • まだ実際に働いていませんので、分からないことがほとんどですが、私の「自分らしさ」を唯一認めてくださったのが、阪急阪神ホテルズでした。
  • 会社説明会の時、話を聞いて、チームワークを大切にしていると思いました。個人だけでなく、チームとして成長していけると思うので、少しでも興味があれば、会社説明会で話を聞いてみて欲しいです。