阪急阪神第一ホテルグループ

先輩社員インタビュー

筒井 愛美

現在の仕事内容を具体的に教えてください。

スタッフ毎にホテル内で担当レストランを持ち、そのレストランの広告宣伝やプラン制作、商品開発などを行っています。私は大阪新阪急ホテルで、主にビアガーデン・モンスレー・有馬といった店舗を担当しています。他ホテルやマスメディア関係の方と関わり、情報交換なども行っています。

仕事をしていて、どんな時にやりがいを感じますか?

自分が提案したプランやフェア内容が採用されたときです。 テレビ撮影の際、先方スタッフの方々と店舗スタッフ一丸となって収録を終えたとき(特に生中継)や、制作物(パンフレット、ポスター各種)の手配を一人で行い、何度も校正を重ねて仕上げたものが掲出されたときにもやりがいを感じますね。

これまでの仕事で、特に印象に残っているエピソードを教えてください。

入社したての頃、初めてのシェア(他部署へのヘルプ)の際に寝坊して遅刻してしまったことです。その後、レストランのマネージャーと一緒に他部署のマネージャーや部長に謝罪に行った時に、学生とは違うことを実感しました。

入社して、事前のイメージとギャップを感じたことを教えてください。

入社当初はレストランに配属になりましたが、華やかなイメージが強い職業で、ホテル=レストランのイメージはなく、正直なところがっかりしたのを覚えています。ですが実際仕事をしてみると、大阪新阪急ホテルは他の1ホテル分の売上をレストランだけで賄っていると知り、ホテルの母体の大きさや影でたくさんの方々が準備・手配を行って成り立っている業態だと思いました。

就職活動でホテル業界、また阪急阪神ホテルズに興味をもったきっかけ、また入社の決め手になった理由を教えてください。

3年間和菓子屋のアルバイトで培ってきた接客のスキルアップと、好きな英語を使った仕事に就きたいと思ったのがきっかけです。当時、宴会サービスで勤務されていた先輩と先生からの後押しと、阪急沿線の住まいで梅田は身近な存在であったというのも大きかったです。

オフタイムの過ごし方を教えてください。

基本的に土日が休みなので、休日はバドミントンでリフレッシュしたり、外食が好きなので、流行のレストランやカフェ、スイーツをチェックして出向いています。

学生へのメッセージをお願いします。

ホテル=宿泊(フロント業務)のイメージが強い業界ですが、レストラン、宴会、ブライダルそしてそのなかでも細分化されており、多様な職がたくさんあるので学べることもたくさんあります。同世代の友人より、世間(マナーや流行など)を知るきっかけが詰まっていると思います。社内の人間関係で言えば、年齢・部署関係なく皆さん仲が良い会社です。年に1度、賞与以外に「ホテル利用券」をいただけるので、当社のホテルを利用できるのも楽しみの一つですね。

Schedule

1日のスケジュール

ホテルを運営する仕事ホテルを運営する仕事

ホテルビジネスを推進する仕事ホテルビジネスを推進する仕事