会社情報

阪急阪神第一ホテルグループグループ加盟店インタビュー

経営を頑張っているホテルだからこそ阪急阪神ホテルズのサポートとグループホテルの仲間が力に

設立二十年を迎えた第一ホテル両国。近隣に多くのホテルが建設され、競争が激しくなっている同ホテルにとって、グループホテルの一員であることのメリットを伺いました。

株式会社 第一ホテル両国 代表取締役社長
吉田幸夫 氏

_第一ホテル両国は、どのようなホテルですか?

2000 年5 月に誕生した第一ホテル両国は、2020 年に設立二十年を迎えました。近くには両国国技館や江戸東京博物館、すみだ北斎美術館などがあり、相撲観戦に来られるお客さまも多くいらっしゃいます。東京スカイツリー®も近く、そのフレンドシップホテルとして、チケットと宿泊がセットになったプランなどをご用意しています。また、東京ディズニーリゾート®のグッドネイバーホテルとして、ホテルからの無料送迎もご利用いただけます。
そのような環境ですので、観光のお客さまが多くいらっしゃいます。


_グループ加盟のメリットを教えてください

「第一ホテル」という名称はお客さまの安心感に繋がっていると思います。阪急阪神第一ホテルグループのメンバーズクラブ会員の皆様も多くご利用いただいており、集客面のメリットはとても大きいと思います。
人材教育の面でも大きなメリットがあります。例えば、グループホテルが参加できるマネージャーやシェフ育成のための研修会などはとてもありがたいものです。つい最近も、当ホテルのシェフが第一ホテル東京や吉祥寺第一ホテルに伺って、宴会やレストランで提供する料理の研修を受けてきました。また、毎年、各分野に新入社員が入ってきますが、その研修もお願いしています。自社以外の大きなホテルでの合同研修は勉強になります。これは単独ホテルではできないスケールメリットですね。その他に、ホテル経営でのさまざまな相談ができるのも心強いです。当ホテルでは、社員として外国の方の採用も増えてきています。今後はそういったメンバーの育成という面でもサポートを期待しています。

__グループ加盟を検討されている方へアドバイスを

集客のサポートや社員のスキルアップの他に、設備やシステム面でのサポートも受けられます。また、年に何度かグループホテルの経営者が集まる機会があります。フランチャイズ同士が知り合いになり、意見交換ができるのはとてもありがたいです。グループに加盟することを設備投資と捉えるか、営業費用と捉えるか、考え方はそれぞれだと思いますが、何一つ損になるものはありません。もちろん、それだけに頼ってはいけません。自力でホテル経営を頑張る会社にとってこそ、阪急阪神ホテルズのサポートがあること、グループホテルに相談できる仲間がいることが、今後のホテル経営の強みになると思います。各グループホテルではさまざまなアイデアを駆使して集客アップを目指しています。そういったホテルのオーナーと直に会ってお互いに意見交換できるのはとても勉強になります。ぜひご検討ください。

第一ホテル両国

【第一ホテル両国】東京都墨田区横網1丁目6番1号 客室数は334 室。レストラン&カフェが4 店、大小さまざまなタイプの宴会場、チャペル・神殿など施設が充実。
東側の客室からは、東京スカイツリーを望むことができる。写真はプレミアムダブルルーム。
全国のグループホテルのシェフ同士の交流・意見交換がレストランや宴会場の料理のヒントに。

グループホテル新規加盟に関するお問い合わせ