会社情報

阪急阪神第一ホテルグループ企業理念

企業理念

― 心豊かな社会の実現に向けて ―
私たちは、常に変革に取り組み、「安心・快適」
そして「夢・感動」をお届けすることで、心豊かな社会の実現に貢献します。

スローガン
満足、そして感動(Delight)へ

基本方針
Hospitality[顧客感動]お客様の心にひびくおもてなし
Humanity[従業員満足]従業員の人間性と個性のはぐくみ
Honesty[企業倫理]誠実な企業市民としての取り組み
Harmony[社会貢献]地域社会との調和とふれあい

シンボルマーク

「株式会社 阪急阪神ホテルズ」「阪急阪神第一ホテルグループ」の頭文字と基本方針(Hospitality=顧客感動、Humanity=従業員満足、 Honesty=企業倫理、 Harmony=社会貢献)の頭文字である【H】をモチーフにしています。 

上部の円は輝く太陽の象徴であり、【ナンバーワン/オンリーワン/第一】を表します。 
[コーポレートカラー] = 菫紫(すみれむらさき)
常に品性のあるおもてなしを心がけ、菫紫をコーポレートマークの色として用いました。日本では古来より高い位の象徴として尊ばれる紫。品格にあふれ、見る人の心に落ち着きをもたらします。

「H」と円の組み合わせにより、「お客様をおもてなしする姿」と「花」を表現し、真心のおもてなしでお客様の心に【夢・感動】の花を咲かせる願いを込めました。 

全体の柔和なフォルムは親しみやすく【安心・快適】な印象です。また、躍動感のある自由な曲線で構成された形は【革新的・先進性】を表現しています。
[コーポレートカラー] = カメリアレッド
グループの華やかな発展、華のあるおもてなしを願い、花の色を映した赤をグループマークの色として用いました。カメリアは「椿」の意味。 カメリアレッドは、椿の花にも似た鮮やかな紅色で、気品とエネルギーに満ち情熱やあたたかさ、親しみやすさや優雅さを備えた色でもあります。
グループ構成

組織図
阪急阪神ホールディングス:グループ経営理念

使命

「安心・快適」、そして「夢・感動」をお届けすることで、お客様の喜びを実現し、社会に貢献します。

価値観

お客様原点
すべてはお客様のために。これが私たちの原点です。
誠実
誠実であり続けることから、私たちへの信頼が生まれます。
先見性・創造性
時代を先取りする精神と柔軟な発想が、新たな価値を創ります。
人の尊重
事業にたずさわる一人ひとりが、かげがえのない財産です。
阪急阪神ホテルズ 健康宣言

健康経営宣言


 当社は、従業員やその家族の心身の「健康」が、経営理念実現のために重要であると考え、健康経営を推進しています。

■健康経営宣言
阪急阪神ホテルズでは、従業員やその家族の心身の「健康」が、幸せの源泉であるとともに、会社の豊かな未来の礎であると考えています。また、お客様に「安心・快適」、そして「夢・感動」をお届けするためには、みんなが健康で多様な個性や能力を最大限に発揮することが何よりも大切です。
これを実現するために、私たちは自らの健康に高い意識を持ち、職場の仲間や家族とともに健康づくりに取り組みます。ここに阪急阪神神ホテルズは、会社と健康保険組合が一体となって、「阪急阪神Wellnessチャレンジ」をスローガンに、一人ひとりの健康づくりを積極的に支援するとともに、生き活きと働くことができる職場環境づくりに努めることを宣言します。

2018年6月
阪急阪神ホテルズ
代表取締役社長 健康経営推進委員長
藤本 和秀

「阪急阪神Wellnessチャレンジ」の重点施策方針


当社は「阪急阪神Wellnessチャレンジ」をスローガンに、一人ひとりの健康づくりを積極的に支援するとともに、生き活きと働くことができる職場環境づくりに努めてまいります。


健康経営の推進体制


当社では社長を委員長とし、役員・産業医・健康保険組合理事長・人事部の構成員からなる「健康経営推進委員会」を設置しています。当社従業員やその家族の心身の「健康」が、経営理念実現のために重要であるとの認識に基づき、積極的に健康経営を推進するため、その対応を検討し決定することを目的としています。


具体的な取り組み


【生活習慣病の予防】
 ❶人間ドックの受検費用を補助しています。
  *利用実績 2019年度 33名
 ❷定期健康診断の胃部二次検査の費用を補助しています。
  *利用実績 2019年度 20名
 ❸阪急阪神健康保険組合のがん早期発見の取組みとして、乳がん検診、郵送によるがん検診を実施しています。
 ❹禁煙外来の受診費用を補助しています。
 ❺阪急阪神健康保険組合主催イベント「みんなで歩活」の参加を推奨しています。

【メンタル疾患の予防】
 ❶担当業務の所要時間を定期的に確認し、長時間労働による健康障害の防止に努めています。
 ❷出張面談が可能な社外カウンセリング窓口を設置しています。
 ❸休業している従業員がスムーズに復職ができるように、支援するプログラムを設けています。

【感染症の予防】
 ❶インフルエンザ予防接種の費用を補助しています。
  *利用実績 2018年度 542名、2019年度 876名
 ❷食中毒の原因となるノロウイルス検査の費用を補助しています。
 ❸非接触型検温器、アルコール消毒薬やうがい薬、マスクを設置しています。
 ❹感染症流行時は対策本部を設置し、状況に応じて感染対策を推進しています。

【ワークライフバランスについて】
 ❶仕事と妊娠・育児の両立支援のためのハンドブックを作成しています。
  ・法定を超える妊娠前、妊娠中、育児、介護ができる休暇があります。
 ❷仕事と生活のバランスがとれた環境作りを推進するため、半日単位での年休取得制度を設けています。
 ❸従業員の交流を促進するためのクラブ活動を支援しています。