阪急阪神第一ホテルグループ

先輩社員インタビュー

西川 仁

料理人としてはもちろん、人間的にも成長できるホテルの調理部。

大勢のお客様に対応する技術を学んだ宴会調理勤務時代。

子どもの頃から食べること、料理することが好きでした、高校時代には、将来は料理人になると決めていました。ホテル業界を選んだのは、非日常の空間で料理がしたいと思ったからです。
入社当初は、ホテル阪急インターナショナルの宴会調理に配属となり肉料理を担当した後、魚料理を担当。その後、同ホテルのフレンチレストラン「マルメゾン」に異動しました。
宴会調理では、大勢のお客さまを対象とするので、大きなプラトーにゴージャスに盛りつける醍醐味や、大量の料理を効率良く、美味しく調理する技術を学びました。

フランス料理の技術向上と人間的な成長を目指して努力あるのみ。

現在、私はレストラン「マルメゾン」で肉、魚、冷製の各調理業務を順次担当した後、肉料理とソースを担当しています。肉は火の入れ方とタイミングで味わいが変わります。またソースは、料理の仕上がりを左右することはもちろん、料理そのものの印象が変わるため重要な役割を持っています。忙しい中にあっても提供するタイミングや仕上がりにこだわり、お客さまに最高の料理を提供するため、日々の仕事を修業と考えて技術向上に務めています。
ホテルの調理で働いていると、他部門のさまざまな人との出会いがあるため、自分自身が学びたいと思えばさまざまな考え方や技術を吸収しどんどん成長できる環境だと思います。今後も、フランス料理のコンクールに挑戦するなど技術の向上と、人間的にも成長できるよう頑張りたいと思います。

主な受賞歴

2012年 第6回 エスコフィエ フランス料理コンクール 優勝

ホテルを運営する仕事ホテルを運営する仕事

ホテルビジネスを推進する仕事ホテルビジネスを推進する仕事