阪急阪神第一ホテルグループ

先輩社員インタビュー

宮﨑 隆嗣

現在の仕事内容を具体的に教えてください。

ホテル内ではどの部署でもさまざまな業務用システムを使用しており、私はその運営・管理の仕事をしています。また、新規ホテルの開業や既存ホテルの改装がある際には打ち合わせなどにも参加し、開業・改装に伴うシステム整備を担当します。

仕事をしていて、どんな時にやりがいを感じますか?

ホテルの仕事に携わる上で大事なのは、団体スポーツのように多様な立場の人とのチームプレーを心がけることです。チームで大きな成果を上げること、それを通じてお互いの信頼関係を深めていけることが、この仕事の醍醐味だと感じています。

これまでの仕事で、特に印象に残っているエピソードを教えてください。

新入社員の頃、宴会サービスの仕事で失敗ばかりしていました。特に印象に残っているのは、当日の宴会で使用するグラスを大量に破損してしまったことです。かなり怒られましたが、その後に先輩方がフォローしてくださったことを今でも鮮明に憶えています。失敗した原因を分析し、それからの仕事に活かすことができました。

入社して、事前のイメージとギャップを感じたことを教えてください。

入社前は、ホテル業界の仕事はすごく厳しいという印象がありました。実際に入社してみると確かに厳しい面もありますが、社員同士の仲が良く温かい社風ですので、恵まれた環境で仕事に取り組めていると実感しています。

就職活動でホテル業界、また阪急阪神ホテルズに興味をもったきっかけ、また入社の決め手になった理由を教えてください。

学生時代に飲食店でアルバイトをしていたときに、接客サービスの仕事に興味を持ちました。次第に「ホテルで最高の接客サービスに携わりたい」と思うようになり、ホテル業界を志望。阪急阪神ホテルズを選んだのは、会社の雰囲気が自分に合っていると感じたからです。実際に入社して、かつて自分が感じた雰囲気に間違いはなかったと思っています。

今後、どんな仕事に挑戦してみたいですか?

現在のシステム関係の仕事は奥が深く、まだまだ学ぶことがたくさんあります。今後もさらにこの分野の知識を深め、ホテル業界において先進性のある仕組みや、お客さまに喜んでもらえるような仕掛けを作っていきたいと考えています。

オフタイムの過ごし方を教えてください。

スポーツ観戦をしたり、フルマラソンに挑戦したりしています。日々の仕事ではデスクワークが多いので、体を動かすことは良いリフレッシュになりますね。

学生へのメッセージをお願いします。

学生のみなさんは、ホテル業界でやりたい仕事を明確に思い描いているかもしれません。それはもちろん大切なのですが、配属が希望の部署になるとは限りませんし、興味のない部署に異動になる可能性もあります。そのため、ホテル業全体に興味を持った上で、いろんな仕事に前向きに携わろうとする意思を持つことが大切だと思います。

Schedule

1日のスケジュール

ホテルを運営する仕事ホテルを運営する仕事

ホテルビジネスを推進する仕事ホテルビジネスを推進する仕事